アーヌ Ahnu レディース シューズ・靴 フラット【Telegraph Leather】Cranberry アーヌ レディース シューズ・靴 フラット 【サイズ交換無料】 【送料無料】 油彩額 色/サイズ等注意】【無休で毎日注文中】



どうもエボ6です♪
お立ち寄り頂き誠に
ありがとうございます!

寒くなってきましたね(T_T)

こんな季節、、車に乗る際に、
冷え切ったエンジンに気を使って
空ぶかししている方や暖機運転している方も
いらっしゃるんじゃないでしょうか?

自分も最近そんな人を見かけたような、、

果たしてこの行為に意味はあって
メリットがあるのでしょうか、、?

今回はその真相を伝えたいと思います!

スポンサーリンク







冷え切ったエンジンへの空ぶかし




エンジン始動後の空ぶかしにより
エンジンを暖めるという方法に
メリットはあるのでしょうか?

単刀直入に申しますと、、

メリットは無くデメリットしかありません!

車に弊害はあってもメリットは無いです(^_^;)

でわ説明を簡単に↓

一度冷え切ったエンジンは、
各部のオイルがオイルパンに戻っている状態
なので、カムまわり、ピストンまわり、
エンジン全体の油膜が薄くなっています


この状態でエンジンを始動すると、
いわゆる「ドライスタート」となるので、
始動直後に空ぶかしをして回転を上げるのは
エンジン内の金属同士を摩耗させる
大きな原因
になります!!

また、始動直後はエンジン内部の
各クリアランスがまだ広がっている状態

なので(暖まると金属は膨張する)、
その状態で回転数を上げると、
各パーツの揺れ幅(ピストンの首振り等)
大きいので、エンジンの寿命を短くする
にも繋がってきます。

さらに!
始動直後はマフラーの触媒も冷えている
状態なので、十分機能することが出来ず
その間に空ぶかしをすると、より有害な
排気ガスを地球にお届けすることに

もなります、、(^_^;)

なら暖気運転だとどうなのでしょうか?

冷え切ったエンジンへの暖機運転




エンジン始動後の暖機運転

単刀直入に言いますと、、

これも実はよろしくはありません(^_^;)

アイドリング時は油圧も低く、
オイルの供給量もミニマムで、
なかなかオイルが行き渡りません


そのため長時間のアイドリングも
エンジンにダメージを与えます


止まった状態でアイドリングを
続ける暖気
は、エンジンや駆動系、
オイルその他にとって、あまり理想的な方法
ではない
ということも覚えていて下さい!

冷え切ったエンジンの暖め方




空ぶかしもダメ、暖機もダメ、、

ならどうしたらいいのか(T_T)!!

一番良いとされているのはこれっ!↓

これからの季節、外気温が低いときは、
エンジンスタート後、すぐに車を発進させて
ゆっくり走りながらエンジン&駆動系を
一緒に暖気させるのがベスト!


手間もかからないこの方法が、
実はエンジンを暖める最良の手段
なのです(*^^*)

誤った考えで逆にエンジンにダメージを
与えていた方も多いかもしれませんね、、


いかがだったでしょうか!?

空ぶかししていた方や暖気していた方
是非参考にしてみて下さい♪


お立ち寄り頂き
ありがとうございましたm(__)m

当ブログはパソコンからでも
エボ6日記」でご覧いただけます(*^^*)
是非御覧ください♪


スポンサーリンク






この記事へのコメント

過去ログ